タマホームの被害者 タマホームの評判

タマホームの被害者

タマホーム被害者についてですが、ネット上でもクレームや悪い評判がたくさんありました。

それらを見ていると、タマホームの被害者とされている方たちは、本当にみなさんタマホームの被害者だと感じました。

建築家の事務所とはいえ、同じ住宅業界にいた私も「欠陥住宅に住む家族」や「タマホームの被害者」のような方がでてしまったことは非常に残念ですし、遺憾とはこのとだろうと思います。


タマホームだけではなく、家作りというのは「お金を払うお客さん」がやはり第一なわけです。
お金を払った時点で、もっと優遇されるべきなのだと思います。本来は。

ですが、一方でそうならないような社会に日本はなっています。タマホームの被害者が出てしまうのは必然なのかもしれません。

日本では「住宅メーカー」というのは一般的ですが世界ではこれは非常に珍しい仕組みです。また、住宅への考え方も大きく異なります。

ヨーロッパなんかはとっても古い住宅が価値が下がることなく今でも使われていますし、アメリカでは住宅の寿命がかなり長いです。週末にお父さんが日曜大工で家を修理する〜なんてことは映画の中だけじゃなく本当に行われているそうです(アメリカの友人談)

海外のことは直接自分の体験から言えることではないので、はっきりとはいえませんが日本の住宅業界は少しずつ間違ったほうへ進んできたんだと思います。
これまでの歴史とともに。変なことを言うと「日本の福祉の問題」とトラブルの根源は同じなのかもしれません。

・・・話が変なほうに言ったので戻します。


タマホームの被害者の方々は悪くないです。これを前提とします。

ですが、タマホームの被害者にならないには、もっと他にすることがあると思います。

「家作りに積極的に参加すること」
これが重要だ、とあるタマホームのブログかホームページに書いてありました。

それは
「タマホームは急成長していて、タマホームの営業マンなどは非常に多忙だ。だから、他のメーカーに比べて、自分たちから動いていくような、そんな家作りに自分の時間を使って参加していく人にとっては、タマホームはとても良い住宅メーカーだ」
という風なことがかかれていました。

とてもシンプルな答えなだけに、私もすごく納得しました。

タマホームの被害者にはならないでください。
タマホームの被害者という言葉をなくしたいです。
タマホームの被害者という言葉をなくせるように、タマホームとタマホームに関わるみんながそう意識を持っていくべきではないでしょうか?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。